東芝・過労うつ病労災・解雇裁判                      
                                                 

 会社はうつ病にした従業員を、働けないという理由で解雇できるのか      
 自殺者2名の職場でうつ病発症、労災に認められても解雇する東芝              since2005.09.22 

原告ブログ
最新情報が載ってます 見てね
支援お願いします
重光由美さん支える会
支える会メール 
支える会会員・カンパ募集
裁判傍聴お願いします
マスコミ報道
最新:2016.9.1
毎日新聞
朝日新聞
埼玉新聞
しんぶん赤旗
NHK

東芝に6000万円賠償命令 
東京高裁 うつ発症後に解雇
更新情報
・2017年2月15日 マスコミ報道に差し戻し審判決報道のまとめを載せました。
 
・2017年2月15日 マスコミ報道に週刊東洋経済の記事を載せました。 
 
 ・2017年2月12日 差し戻し審判決のページを更新しました。
 ・2016年11月19日 差し戻し審最終弁論期日及び、原告最終意見陳述書のページを更新しました
 ・2016年9月14日 東芝原告とも上告せず、判決が確定しました
 ・2016年9月8日 アドレスをhttp://tsbrousai.net/
に変更しました
 ・2016年8月31日差戻し審で6000万の賠償金支払いの判決が出ました。
 ・2016年8月15日 これまでの経緯を更新しました
 ・2016/7/31 差し戻し審弁論準備のページを更新しました 
・2015/12/22 重光由美さん支える会のHPに配布しているビラを公開しました。
 
 ・2015/5/13 マスコミ報道に週刊ダイヤモンドの記事を載せました
  
 ・2015/3/17 マスコミ報道に週刊ダイヤモンドの記事を載せました
 
 ・2015/3/17 マスコミ報道に「最高裁判所裁判官国民審査公報」を載せました
 

 これ以前の更新情報

メール
ご参考
東芝のホームページ
東芝の経営理念
東芝の人権の尊重
東芝の
従業員の安全健康
(株)東芝
〒105−8001
東京都港区芝浦1−1−1

東芝総合ご案内センター
03−3457−4511(365日・24時間受付)
メール:
東芝へのお問い合わせ・ご質問
東芝へのご意見・ご要望(東芝からの返信不要の場合はこちら)

トピックス

 ●東芝との裁判(解雇無効・慰謝料請求)差し戻審
 2016年8月31日 差し戻し審で賠償金6000万円支払の判決が出ました!
 
9月14日 判決が確定しました

     判決概要(判決主文、原告コメント、弁護士コメント)はこちら
     原告最終意見陳述書
    
 
      最新情報は原告ブログをご覧ください

 2014年3月24日最高裁全面勝訴判決! → 最高裁判決文(裁判所判例検索システム)
   判決概要はこちら  東芝から提出された答弁書

 
2011年2月23日(水) 東京高裁 勝訴判決!
 解雇無効、賃金支払い、慰謝料支払いを命令しましたが、 賠償金の一部を減額する判決となりました。
   判決概要(原告コメント、弁護団コメント)はこちら
    判決文はこちら    判決文(PDF版)はこちら
 
 2008年4月22日(火) 東京地裁 勝訴判決!
 解雇無効、賃金支払い、慰謝料支払いを命令をする全面勝訴判決が出ました。
 東芝は即日控訴しました 
 

   判決概要はこちら
   判決文全文はこちら  PDF版(裁判所判例検索システム)
   ブログへの祝福コメントはこちら 
                
  
 2009年5月18日(月) 行政訴訟も勝訴!
 6月2日判決が確定しました。国が労災と認めました。存命者の精神疾患が裁判で労災と認められた初の事例となりました。
   判決概要はこちら
   判決文全文はこちら PDF版(裁判所判例検索システム)
   ブログへの祝福コメントはこちら 
               

 
2008年年3月14日 同僚Kさん過労自殺労災認定
    (同じ職場、原告が休職した3か月後に自殺)  情報はブログに掲載


はじめに

 ■原告 重光由美からのメッセージ

原告 重光由美

東芝は、私と同じ業務に従事した同僚が、半年間に2名も自殺する
という状況であったにもかかわらず、私の病気を労災と認めません

  

 ■事件の概要(休職するまで)と裁判の意義

 ■これまでの経緯 〜2016年2月new 
 ■労災申請・裁判するまで(1) 会社との交渉・団体交渉

労災申請・行政裁判

 ■労災申請・裁判するまで(2) 労災申請・解雇・嫌がらせ

 ■労災申請してから(聴書作成、労働基準監督署訪問内容等)

 ■熊谷労働基準監督署労災不支給決定(不当!

   自殺者2名・長時間労働・業務の負荷を認めていてなぜ不支給?

 ■埼玉労働局に審査請求提出 

    精神部会の意見書」によると会社側の証言のみを採用して労災不支給決定 

 ■審査請求棄却   

   睡眠時間を削って働いていたのに、長時間労働にならないの? 

 ■労働保険審査会に再審査請求

   「公開審査」では、一方的に申請人(私)側に質問が集中

 ■行政訴訟提訴 2007年7月19日

   行政訴訟提訴しました。裁判で労災不支給の不当性を明らかにしていきます 
   ・原告 訴状   ・原告 意見陳述書

 ■判決言渡  2009年5月18日 631号法廷     

    勝訴判決が出ました(6月2日判決確定) ・判決文全文

東芝との解雇裁判

 ■裁判提訴 2004年11月17日

   訴状を提出しました。記者会見が行われました。
   ・原告 訴状提出    


 ■初公判 2005年1月24日  710号法定

   意見陳述書を読み上げました。 東芝側は欠席でした・・・・
   ・原告 意見陳述書提出   


 ◆第1回弁論準備(非公開) 2005年3月10日

   会社社側は答弁書で、原告主張を全面的に否定。原告の発症と業務との関連性は全く無いと主張。
   裁判日の前日、会社からの嫌がらせがありました・・・・
   ・被告 答弁書提出 、原告 準備書面(1)提出 


 ◆ 第2回弁論準備(非公開) 2005年4月15日

   会社よりタイムカード(見たことないもの)提出。これはなに?
   ・被告 乙1号証(偽のタイムカード??)提出


 ◆第3回弁論準備(非公開) 2005年6月7日

   第4回弁論準備〜第15回弁論準備まで 省略

 ◆第16回弁論準備(非公開) 2007年4月176日 


 ■第1回証人尋問 2007年5月14日 10:20〜16:30 710号法廷 

   原告主尋問と東芝上司の証人尋問が行われました。
   東芝の主張が矛盾だらけでおかしいことがはっきりした証人尋問だったと感じました。  


 ■第2回証人尋問 2007年7月23日 13:30〜16:00 710号法廷 

   原告側証人天笠崇医師の証人尋問が行われました。


 ◆進行協議期日1(非公開) 2007年9月6日 16:00〜

 ◆進行協議期日2(非公開) 2007年10月4日 16:00〜


 ■最終弁論期日(結審) 2007年12月17日 11:30〜 619号法廷 

   原告が最終意見陳述書を読み上げ、裁判は結審しました。次回はいよいよ判決です。
   ・原告 最終意見陳述書を提出


 ■判決言渡  2008年4月22日 13:10〜 619号法廷

   原告の主張をほとんど全面的に認める解雇無効の勝訴判決が出ました。
   ・判決文全文 


 ■控訴 2008年4月22日  

   東芝は即日控訴しました。原告は慰謝料の額を不服として5月2日に控訴しました
   ・原告 控訴理由書を提出  被告 控訴理由書提出(約1か月遅れ)


 ■初公判 2008年8月6日 14:30〜 825号法定  

   原告が意見陳述書を読みました。東芝は、上司の証人尋問申請など4つの書面を早々に提出してきました
   ・原告 意見陳述書を提出    被告 準備書面(1)、文書送付嘱託、証拠申出書を提出


 ◆和解協議 2008年8月6日 9月12日 10月6日 (非公開)  

   初公判の後、和解協議が行われました。和解は決裂すると思っていたら、以外にも東芝は和解協議に乗ってきました


 ◆第2回口頭弁論 2008年10月20日(月) 15:00〜 825号法廷  

   東芝から、行政訴訟で提出された、O大学N教授(医者)の意見書を提出したいと発言。大企業と天下りお役所との癒着・・・か・・・
   ・原告 準備書面(1)提出


 弁論準備3 2008年10月20日(月) 〜 弁論準備6 2009年9月4日(金)  

   和解ベースで弁論準備が行われています


 ◆弁論準備7 2009年10月6日(火) 〜 弁論準備14 2010年3月26日(金)  

   東芝は和解を2年も長引かせた上で、結局、判決に持ち込みました。会社のために、体を壊すまでまじめに働いた労働者をあまりにもないがしろにする行為


 ◆弁論準備15 2010年5月20日(木) 

   東芝は新たに上司同僚など4名の陳述書を提出し、j国の労災認定をも否定する主張の書面を提出


 ◆弁論準備16 2010年7月29日(木) 

   裁判日の前日に、上司のF課長の陳述書がまたもや提出されました


 ◆弁論準備17 2010年9月17日(金) 11:00〜

   裁判日の前日に、東芝産業医の意見書が提出されました  →東芝産業医I医師O医師意見書


 ■最終弁論期日(結審)  2010年11月24日(水) 13:30〜

   原告が最終意見陳述所を読み、裁判は結審しました  →原告最終意見陳述書  


 ■判決言渡  2011年2月23日(水) 10:30〜

   会社の賠償すべき金額を全損害額の8割に減ずる判決となりました 
   ・判決文全文(HTML版)      


 ■上告受理申立て  2011年3月8日

   ・上告受理申立理由書   ・上告受理申立理由書(PDF版)


 ■上告受理  2014年1月15日(水) 

   画期的!3年かかり、上告が受理されました。  → 東芝からの答弁書


 ■最高裁口頭弁論  2014年2月28日(金) 


 ■最高裁判決   2014年3月24日(月) 

   全面勝訴判決が出ました!  →  最高裁判決文 


 ■差し戻し審初公判  2014年6月9日

   原告意見陳述書


 ◆和解協議  2014年6月9日 〜 和解決裂2月26日  


 ■差し戻し審弁論準備  2016年4月15日


 ■最終弁論期日  2016年6月20日(月)

   原告最終意見陳述書


 ■判決  2016年8月31日(水)

   判決文


Copyright(C)2005-2015 原告重光由美 All Right Reserved